2011年09月25日

脂肪腫をとる手術をしました(その4)

手術は30分くらいだと説明を受けていました。

しかし、とっくに30分は過ぎたのではないか?
手術室はガンガンにエアコンが効いており、
だんだん寒くなってきました。

これでもかっ!て言うくらい、
切り口を開いて筋肉を引張ります(そんな気がします)。

筋肉の繊維をより分けて、奥へ奥へと進んでいる感じ・・・
痛くなってきました。
「いたいです」というと
「麻酔追加します」。

ようやく、
脂肪腫の方は終わったようです。
首の胞腫の処置に移りました。

こちらはニキビが慢性化したようなやつです。
切り取って縫ってで5分くらいだったような気がします。


すべてが終わり、
先生が今回摘出した脂肪腫のピン漬けを見せてくれました。
ソフトボール位の大きさがあり結構大きいです。
筋肉の繊維の奥の方まで入り込んでおり、
すべて摘出するのに苦労したが全部綺麗に取れたとのこと。
ここで先生は退場。
看護婦さんが体を拭いてくれ、起き上がるのを手伝ってくれました。

時計をみてみるとほとんど1時間経過していました。

寒いのと、ずっと同じ姿勢だったので、
体がしびれ良く動けません。
5分くらい座ったまま休んでから、
手術台をおり、更衣室に行きました。
posted by あかりんぱぱ at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/227562610

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。