2011年02月27日

花粉対策

実は花粉症なんです。
昨日からくしゃみが止まりません。

今年はスギ花粉がすごいらしい、
とニュースで言ってましたが
ついに来たっ!

そこで気になったのが先日来たメール

==<メール転載ここから>===================
◆ 本日のコラム〜今年こそ花粉症を克服するぞ!〜

2月も後半に入り、そろそろ花粉症を気にする季節。
早い人だと既に花粉症のムズムズが始まっているかもしれません。

クシャミ、鼻水、目の痒み、とにかく辛い花粉症。
この時期から夏頃まで、花粉症持ちの方には、
地獄とも言える季節がきてしまいますね。

マスクをして鼻うがい、目の洗浄、
色々やっても治ることはない花粉症。

そう、治る事はないと思っていましたよね。

しかし、重度の花粉症持ちだった方が花粉症を克服しました。
その方法を知りたくありませんか?

重度の花粉暦24年の私が苦節24年でたどり着いた花粉症克服法!

食事療法や体質改善が最近では根本改善と言われていますが、
合わない人は効果がほとんどないようです。
またスギ花粉エキスを何年にも渡って注射することで
免疫力を高め、花粉症の症状が出ないように出来るそうですが、
時間もお金もかかりますよね。
花の粘膜をレーザーで焼くなんて力技もありますが、
ちょっと不安な上に、効果がないことも多々あるそうです。

実際、スギ花粉だけでなく、色々な種類の花粉アレルギーがあるので、
1種類克服してもダメというケースもあります。

さて、どうすればいいのか。

日本中、どこの耳鼻科でも内科でも処方してもらえる
とある薬を、ちょっとした秘密の使い方をすることで、
花粉症はピタリと治まったそうです。


花粉症でボ〜っとしてしまう人、
鼻水がとにかくダラダラ流れている人、
目が痒くて痒くて仕方ない人、
クシャミが止まらずに苦しんでいる人、

そんな方々は1度試してみたはいかがでしょうか?
詳しくはこちらからご確認ください。

重度の花粉暦24年の私が苦節24年でたどり着いた花粉症克服法!
==<メール転載ここまで>===================

ほんとかなぁ。
購入した人がいたら効果を教えてください。

調べてみたら他にもいろいろ出てきました。
リノール酸低減式花粉症対策
たった1週間で症状が消える! お金のかからない、花粉症・喘息の根本的治療法!!
30日で花粉症・鼻炎・結膜炎を治す!!アレルギー体質の抜本的改善法
花粉症対策帽子『魔女の帽子』


「お金がかからない」っていうのに
いちばん心ひかれますが・・・効果はそれなり?
タグ:花粉症
posted by あかりんぱぱ at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月28日

脂肪腫をとる手術をしました(その3)

手術台にうつぶせになり五分位した頃に
先生が一人で来ました。
助手は最初に私を案内してくれた女性の方だけのようです。

手術をする先生は
先日診察していただいた先生です。
おそらく三十代前半、
ひげ面ですが結構男前です。
診察室では素足にサンダルでしたが、
さすがに今日は靴を履いてます。

まず、
私が着ている手術着(?)のひもをほどき
背中を露出させます。

その後、
真ん中に丸い穴の空いた、
黄緑色のビニールシートのようなものをかぶせられました。
丸い穴を手術箇所にテープで固定しているようです。

先生:「まっすぐ切って見た目をよくするやり方と、
    カーブして切って術後の影響を少なくする方法がありますが、
    どちらがよいですか」
私 :「よくわかりません」
先生:「じゃあ、カーブして切ります」
先生:「最初に麻酔をします」


今回は部分麻酔による手術です。
脂肪腫の本体や周辺10カ所程度に
ちくりちくりとやられました。

麻酔注射の針は非常に痛いです。
しかし、それも最初の五回程度で、
麻酔が効いてきた後半は
注射そのものも痛くなくなりました。

なにか背中をつんつんしているような感じがします。
先生:「痛いですか?」
私 :「いいえ」
先生:「じゃあ始めます」

「すっ」と、メスが脂肪腫箇所を切るのがわかります。

しばらく、
切り口を大きく開いて
切ったり引っ張ったりしているようでしたが・・・
posted by あかりんぱぱ at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月19日

脂肪腫をとる手術をしました(その2)

直径約10cm × 高さ約3cm の脂肪腫をとる手術ですが、
2010年9月1日朝10時から1時間の外来手術の予定となりました。

当日は朝9時に病院へ来るようにとのこと。


当日になりました。


受付後、
血圧を測り、体調等について問診を受けます。
そして手首に本人確認のタグをつけられました。

その後待つこと約1時間。
ついに呼び出され、
看護婦さんに二階の手術室に連れて行かれました。

大きな両開きの扉の前で、
今度は女性の助手(?)の方に引き渡されました。
まず、手術着に着替えるようにとのこと。
ズボン・靴はそのままでよいとのこと。
えっほんと?

一番手前の手術室にとおされ、
靴を脱いでうつぶせに寝るよう指示されました。

手術室は30m2位ありそうな広い部屋で、
真ん中にぽつんと手術台があります。
うつぶせに寝た際に腕を置く台もあります。
posted by あかりんぱぱ at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。