2011年08月11日

北九州空港で管制室見学、旅客機牽引体験!

2011年10月1日に北九州空港まつりが開催されます。

事前の申し込みで次のイベントに参加可能です。

1.管制塔・気象予報室、消防車両見学
2.進入灯が設置された橋の上から離着陸を見学
3.JALグランドスタッフの制服を着用し、搭乗手続きや搭乗案内を体験
4.JALトーイングトラクタに同乗し飛行機のプッシュバックを体験


いずれも小学校高学年から高校生までが対象となります。

詳しくは北九州空港の告知サイトをご覧ください
▼コチラ
2011 北九州空港まつり 参加者大募集
posted by あかりんぱぱ at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | みどころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月02日

小倉〜博多のおすすめドライブルート

北九州から博多方面に車で行くとき、
みなさんはどういうルートで行きますか?

国道3号線が基本だと思いますが、
小倉、戸畑、八幡、黒崎、と混雑したところが続き、
走っていて苦痛ですね。

私は、
若戸大橋を渡り、
国道199号→国道495号に抜けるルートをよく使います。
比較的すいていて、景色もよく楽しめるのでおすすめです。

時間を優先するときは、
岡垣か東郷あたりから国道3号線に乗ります。
宗像から先はずっとバイパスなので、
流れが良くストレスなく走れます。


若戸大橋.jpg
タグ:ドライブ
posted by あかりんぱぱ at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | みどころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月26日

関門海峡を一望する「和布刈公園」

今日は、和布刈公園(めかりこうえん)をご紹介します。

関門海峡の九州側にある公園です。
小高い山(?)の上にあり、関門橋および関門海峡が一望できます。
天気の良い日に行くと、海風が気持ちよいです。

関門海峡を行き来する船や潮流の早さを示す電光掲示板を見てるだけでも楽しいです。
潮の流れは、遠賀川より速く、潮流と逆方向に行く船はなかなか前に進まず歩いた方が早いのではと感じます。
船ね数も多く、船を操る側にとっては緊張を強いられる怖い海峡のようです。自衛艦が事故を起こしたのも記憶に新しいところです。

公園の名前の由来は「和布刈神社」にあると思われます。
「和布刈神社」の「和布刈」とは「ワカメを刈る」の意です。毎年旧暦元旦の未明に三人の神職がそれぞれ松明、手桶、鎌を持って神社の前の関門海峡に入り、海岸でワカメを刈り採って、神前に供える「和布刈神事」(めかりしんじ)は有名で、福岡ローカルでは毎年ニュースになります。

もう一つ有名なのは、「暴走族の走り初め」です。
元日に寒い中暴走族の皆さん方が、自慢のマシンで迷惑走行をし、おまわりさんに検挙される定例行事です。
なかには、元日のお披露目に備えて数百万円かけてこっそり準備していたマシンが、クリスマス頃にに違法改造車として没収されてしまい、元日に走れないかわいそうなひとも出てきます。これも例年のこと。
それにしても、彼らはどうやってあの改造費を捻出するのかが不思議です。
posted by あかりんぱぱ at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | みどころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。